亜麻仁 エゴマ 比較 違い

今話題の亜麻仁油とエゴマ油。どちらも油ですが、それぞれ何がどう違うのか?成分から比較してみました。
MENU
Sponsored Link

亜麻仁油とエゴマ油を比較!成分の違いは何?

                このエントリーをはてなブックマークに追加  

亜麻仁油とエゴマ油を比較!成分の違いは何?

 

いま、健康に良い油が注目されていますよね!

 

中でも亜麻仁油とエゴマ油はなんだか似ている感じがしますが、原料が違うので成分も違うはずですよね。
その違いはどんなところなのでしょうか?

 

<Sponsored Link>

 

亜麻仁油とエゴマ油が注目されている理由

今注目されている油に、亜麻仁油エゴマ油があります。どちらも、スーパーの油コーナーで、ゴマ油の並びに置いてあることが多いですよね。

 

亜麻仁油は濃い目の黄色、エゴマ油は透明に近い、と色の違いはありますが、成分にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

亜麻仁油もエゴマ油も注目されているのは同じ成分です。油の主成分は脂肪酸ですが、脂肪酸にもいくつか種類があります。この2つはオメガ3系のα-リノレン酸を多く含んでいるのが特徴です。

 

オメガ3脂肪酸は、体内でDHAやEPAに変換される必須脂肪酸です。青魚などにも含まれていますが、現代人は魚離れしているのでオメガ3脂肪酸の摂取量が減少しています。

 

亜麻仁油とエゴマ油に含まれる脂肪酸の内、60%以上がオメガ3脂肪酸のα-リノレン酸です。これだけオメガ3脂肪酸を含む植物油はほかにないといわれています。

 

ですから、健康に良いといわれているんです。

 

α-リノレン酸の含有量はエゴマ油の方が若干多いですが大きな違いではありません。脂肪酸の構成比率にはほとんど違いはありません。また、どちらもアレルギー性はありません。

 

その他の成分に違いはある?

亜麻仁油とエゴマ油の成分の違いは?

 

最も注目されているα-リノレン酸の量はわずかにエゴマ油の方が多いですが、それほど大きな違いはありませんでした。

 

他に含まれている成分に違いはあるのでしょうか。脂質以外の成分を見てみましょう。

 

亜麻仁油に含まれている注目成分

リグナン
リグナンはポリフェノールの一種で、抗がん物質としてがん予防になるといわれています。また、インフルエンザやヘルペス、肝炎などのウイルスに対して免疫を促進する働きも持っています。

 

エゴマ油に含まれている注目成分

ロズマリン酸
ロズマリン酸もポリフェノールの一種です。血糖値の上昇を抑える働きがあり、ダイエット効果や糖尿病予防に期待ができます。

 

 

どちらもα-リノレン酸以外にも注目すべき成分が含まれているんですね!
α-リノレン酸にはほとんど違いがないのでこのポリフェノールで選ぶといいかもしれませんね!

 

まとめ

亜麻仁油とエゴマ油の成分の違いは含まれているポリフェノールにありました。

 

また、どちらがいいのか迷ったときには値段も参考になるのではないでしょうか。亜麻仁油の方が比較的安価で購入できますよ。

 

ただし、亜麻仁油も安価なものと高価なものでは味の違いなどがありますので一概に安いものがおすすめ、とは言えません。

 

味の違いについてはこちらをご覧ください。

 

亜麻仁油とエゴマ油の味はどう違う?

                このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link

関連ページ

亜麻仁油と紅花油の成分はどう違う?
亜麻仁油と紅花油。どちらも健康にいいと言われる成分が入っていますが、使い分けが大事です。今回は成分から違いと使い方について。
亜麻仁油とエゴマ油の味はどう違う?
亜麻仁油とエゴマ油。よく比較されるこの2つですが、今回は味の違いをまとめました。
このページの先頭へ