亜麻仁油 エゴマ油 味

亜麻仁油とエゴマ油。よく比較されるこの2つですが、今回は味の違いをまとめました。
MENU
Sponsored Link

亜麻仁油とエゴマ油の味はどう違う?

                このエントリーをはてなブックマークに追加  

亜麻仁油とエゴマ油の味はどう違う?

 

今健康にいいと話題になっている油に亜麻仁油とエゴマ油があります。

 

同じように扱われることが多いこの二つですが、味にはどの様な違いがあるのでしょうか?使いやすいのはどちらなのか、調べてみました!

 

<Sponsored Link>

 

亜麻仁油とエゴマ油

最近、亜麻仁油とエゴマ油がブームになっていますよね。どちらが使いやすいのかな、とその味が気になる人も多いのではないでしょうか。

 

まず、原料の違いから見てみましょう。

 

  • 亜麻仁油・・・亜麻というリネンの原料である植物の種(仁)から絞った油
  • エゴマ油・・・エゴマの種子から摂取した油

 

どちらも種子から絞られているんですね。

 

エゴマというのはあまりなじみがないかもしれませんが、シソ科の植物で見た目はシソに似ています。韓国料理でよく使われていて、サンチュなどと同じようにお肉に巻いて食べることが多いです。

 

味はどう違う?

亜麻仁油とエゴマ油の味はどう違う?

 

亜麻仁油とエゴマ油はどのような味なのでしょうか。

 

メーカーにもよりますが、どちらも少し癖があります。
気になる人は生臭いというか、青臭いと感じるようです。オリーブオイルの癖に似ているので、オリーブオイルが好きな人なら気にならないのではないでしょうか。

 

味は若干、エゴマ油の方が癖が少ないです。

 

あの癖が好き、という人は亜麻仁油。苦手な人はエゴマ油の方がよいかもしれません。

 

ただし、亜麻仁油もエゴマ油も種類によってだいぶ味が変わってきます。1つ使ってみて「癖があって苦い」と感じてもほかのものは大丈夫だったりもします。

 

1つだけで味を決めずに、気に入ったものに出会うまでメーカーを変えて使ってみるのもよいと思いますよ。

 

癖のない亜麻仁油を選ぶコツはこちらでも紹介しています。

 

おすすめの使い方

亜麻仁油とエゴマ油はどちらも酸化に弱いので加熱には向いていません。生のまま何かにかけて食べるのがよいでしょう。とくに癖が気にならない人は、サラダにドレッシング代わりにかけて食べるのがおすすめです。

 

癖が気になる場合は味の濃いものに混ぜると気にならなくなります。納豆や卵かけごはんにかけて食べるのもおいしいですよ。

 

色々試して食べやすい組み合わせを見つけてみてください。

 

まとめ

亜麻仁油とエゴマ油の味の違いは、一般的には亜麻仁油の方がやや癖が強く苦みがあります。

 

ただし、メーカーによっても異なります。亜麻仁油でも高品質なものは無味無臭だったり、フルーティーな香りがしたりします。

 

1種類使っただけでは亜麻仁油の味は分からないので、ほかに物も試してみるとよいでしょう。

 

                このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link

関連ページ

亜麻仁油とエゴマ油を比較!成分の違いは何?
今話題の亜麻仁油とエゴマ油。どちらも油ですが、それぞれ何がどう違うのか?成分から比較してみました。
亜麻仁油と紅花油の成分はどう違う?
亜麻仁油と紅花油。どちらも健康にいいと言われる成分が入っていますが、使い分けが大事です。今回は成分から違いと使い方について。
このページの先頭へ